マカオの通貨は、『パタカ』と『香港ドル』。同じ額の紙幣を複数の銀行が発行。

 

マカオの通貨は、『パタカ』と『香港ドル』です。
 
『パタカ』は、マカオ特別行政区政府が銀行委託して発行しているマカオの法定通貨です。マカオでは、同時に、『香港ドル』も公式に流通している通貨です。

そして、マカオ・パタカも香港ドルも、同じ額の紙幣を複数の銀行が違う図案で発行しています。そのことは、日本人旅行者は戸惑うかも知れません。 
 
 
★   ★   ★
 

マカオの通貨、『パタカ』は、ポルトガル語で『pataca』、中国語で『澳門幣』などになります。
補助貨幣はアヴォス (avos) で、100分の1パタカ。
通貨コードはMOP。表示は、MOP3.50$ などのように、表わされます。
 
 

マカオの通貨、『パタカ』の紙幣の発行業務は、通貨発行権を持つマカオ特別行政区政府の金融管理局の監督のもと、大西洋銀行と中国銀行マカオ分行が行っています。

 
●マカオ・パタカの紙幣の種類は、
 

10パタカ、20パタカ、50パタカ、100パタカ、500パタカ、1000パタカ、の6種類。
 

この6種類の単位の紙幣は、それぞれ大西洋銀行と中国銀行による図案の違った、同額でも2種類の紙幣をもっていることになります。
 
日本では万札にあたる1000パタカは、日常の買い物では、支払いで拒否される可能性が高いです。お釣りが無いとか、偽札のリスクがないわけではない、という理由からです。
 
 

マカオ・パタカの硬貨は、政府の金融管理局が直椄、発行しています。
 
●マカオ・パタカの硬貨の種類は、
 

10アボス(0.1パタカ)、20アボス(0.2パタカ)、50アボス(0.5パタカ)、
1パタカ、2パタカ、5パタカ、10パタカ、の7種類です。
 

10パタカの硬貨は限定2000万個初回発行したのみなので、あまり見かけません。
計算は100アボス = 1パタカです。

 
 

マカオでは、『香港ドル』も広く使われています。
 
マカオでは、香港ドルが法定通貨であるマカオ・パタカの流通量を超え、香港ドルによる通貨代替が進行しています。
 
『香港ドル』は、英語でHong Kong Dollar、中国語で港元、港圓。広東語で港紙とも。ISOコードはHKD。
 
補助通貨単位はセント(Cent)で、1ドル=100セント。
日常の表記では、「$3」「$3:50」「HK$3.50」のように表記。「HKD」の表記は通常ではあまり使われません。
 
 
■香港ドル硬貨
 
10¢, 20¢, 50¢, $1, $2, $5, $10
 

■香港ドル紙幣
 
$10, $20, $50, $100, $500, $1000
 
 
硬貨は、香港金融管理局が発行。
 
10ドル紙幣は、香港金融管理局が発行。20ドル以上の紙幣は、香港上海銀行、スタンダードチャータード銀行、中国銀行 (香港)の3行により発行されています。
 
20ドル以上の紙幣は、これら発行元の銀行によって、図柄が異なる、額面により色が分けられた、三種類の紙幣になっています。
 
 

ほとんどの場合、パタカと香港ドルは等価で扱われます。
 
プライスがパタカ表示でも、同額として支払に香港ドルも使用されています。

 
しかし、実際の香港ドルとマカオ・パタカのレートは、1:1.03 ほどです。
 

マカオ・パタカ(MOP)と香港ドル(HKD)、通貨移動の為替レート。
 
1 HKD = 1.02999 MOP
 
Selling 1 HKD you get 1.02993 MOP
Buying 1 HKD you pay 1.03004 MOP

為替レート更新: Nov 26,2014 18:01 UTC
 
 

香港ドルとマカオ・パタカ、支払いかたのあれこれ。

支払う、買う、のはパタカでするほうが有利です。

 
円を両替するときは、パタカと香港ドルは等価ではないのに、消費では等価として扱われるのなら、そしてパタカをマカオにいるうちに使い切る方針なら、円を香港ドルに両替するときよりも、パタカへ両替したときのほうが、有利です。スプレッド巾(為替手数料)も狭く、香港ドルとは差はない為替手数料で、使うときは香港ドルと等価で、香港ドルをほぼ3%増額にしたパタカを得る事になります。
 
カジノリゾートのブランドショップで、買い物をする場合なども、パタカのほうが有利です。香港ドルとパタカは等価ではないのに、等価として、安いパタカで支払うわけですから。大量の現金の所持は避けるため、ブランドショップではクレジットカードや一番スプレッドが狭いマルチカレンシー・プリペイドカードを使用することになりますが、その場合もマカオ・パタカ建てを選択して決済したほうが、有利です。
 
実際は高額の取引の場合、パタカと香港ドルのレートは大問題ですから、お店としたら香港ドルの値札とパタカの値札を同時に表示しているか、パタカでの値段を口頭で客に伝えることになるでしょう。
 
 

路線バス、タクシーは地元のひとは、パタカで支払っていても、香港ドルで等価として支払いができます。
 
旅行者でしたら、パタカを使うのは、地元客のみで成立しているお店、といったマカオ内の生活の支払いですが、外国人も主要客として利用する地元のお店での支払いは香港ドルを受け入れてくれます。お釣りも香港ドルにしてくれる場合が多いです。
 
お釣りの小銭にパタカとアボスが混じっていても、香港ドルの小銭が不足していたのでしょうから、それはしかたがありません。
 

このように、パタカと香港ドルは等価で扱われていて、しかも高いほうの通貨の香港ドルで支払ってくれるのをお店側は望んでいます。
 
そして多くのマカオへの旅行者は、外国人が利用するお店では、お店が望んでいるように支払いは香港ドルでするのは常識としています。同国人でなかば外国人である、マカオへ来た中国人も、それを常識としているようです。
 
 
慣れた旅行者は、香港ドル価格表示の店で、いやな顔をされても、あえて無視してマカオ法定通貨はパタカですよねと、支払いを試みます。

すくなくとも、パタカ表示の代金を同額の香港ドルで支払うのは、日本で会社を経営している日本人旅行者でしたら、避けたいなと思うでしょう。
 
103パタカ支払いなら100香港ドルでいいのに103香港ドル支払うわけですから、3%の過払いはチリも積もれば、けっこう大きい、です。日ごろ、コスト削減に努力しているわけですから。
 
これがラグジュアリーブランドのバッグや時計や宝石の買い物で、日本円勘算で100万円程の支払いになると、さすがにパタカと香港ドルを等価とするわけにはいかないでしょう
 
 

そして肝心の、カジノでは、カジノチップへの交換(買う)には、ごく一部のカジノをのぞいて、香港ドルが使われています。
 
(カジノ資金の円から香港ドルへの両替については、別の記事で書きますが、カジノ資金は、端的に言って、
カジノ施設の両替カウンターで、円現金や、使いきれなかったパタカを、香港ドルにすればいいですし、為替レートその他便利さで一番有利な、カジノ両替コーナーその他のいたるところにあるATMにて、クレジットカードやFX取扱い会社発行のマルチカレンシー・プリペイドカードで、香港ドルにキャッシングすればいいだけです。)
 
 

(※旅行者のパタカの使い道になる、路線バスの運賃の支払いは、路線バスなど用のプリペイドカードか、パタカの硬貨になります。紙幣のコインへの両替はバス内でできません。マカオ半島内 運賃3.2パタカ、タイパ内運賃 2.8パタカ、です。アボスはなかなか揃えられないときは、3.2パタカなら4パタカコインで釣りなしで払います。香港ドルのコインで支払う場合も同様です。ところで、路線バスはひんぱんには値上げしませんが、物価インフレにあるマカオですから、値上げもあるかも・・・。)
 
 

パタカはマカオに限られる通貨で、香港では香港ドルへ両替さえできません。もちろん日本に持ち帰っても次回のマカオ行きで使う以外は、そのままではスーブニール、旅行の記念品になるしかありません。
 
 
★   ★   ★
 

マカオでは、パタカの硬貨が、香港ドルと等価と言うかぎりでは、同じ額で硬貨は2種類あることになります。
 
パタカの紙幣も、香港ドルと等価と言うかぎりでは、パタカ紙幣2種類、香港ドル紙幣3種類で、同じ額で図案の違う色分けも異なる5種類の紙幣があることになります。
 
硬貨も紙幣も図案の面(ツラ)を見ていると、なにがなんだか、わけがわからなくなります。これはマカオのお金という迷宮です。
 
 
それで、額の数字が大きく描かれていますので、お金は図案じゃなく数字なんだと意識したら、お金の迷宮で迷子になることは、なくなるでしょう。
 
 

 

マカオのホテル&カジノリゾートの開発案件。

 

マカオは、まだまだホテル&カジノリゾートの、開業と開発が続きます。
コタイ地区を中心にした開発6案件のニュースを紹介します。

 
 

世界の建築界を曲線モードで席捲するZaha HadidとCity of Dreamsが第五のタワ―ホテル計画を発表。オープンは2017年初めを予定。

Zaha Hadid Architects – City of Dreams Hotel Tower Macau
3:54
提供者 WANtoday
2014/03/31 に公開
 
Zaha Hadidは、東京オリンピックのための新国立競技場の設計デザイン国際コンペでプランが最優秀となった建築家ですが、新国立競技場の修正された設計案はZaha Hadidのオリジナルとは、まったく別物の凡庸で退屈な、不要で無駄な廃棄物です。
City of Dreams Hotel Tower MacauのZaha Hadidは、修正されないことを期待します。

 

 

アジア初のヴェルサーチホテル「パラッツォ」2017年開業へ

Fashionsnap.com News 2013年09月08日 18:50 JST
 

Gianni Versace S.p.A.(以下、Versace)と香港・SJMホールディングスの子会社Sociedade de Jogos de Macau, S.A.(以下、SJM)がマカオで記者会見を行い、現地・コタイ地区に設立予定の「VERSACE」プロデュースによるホテル「Palazzo Versace Macau(パラッツォ・ヴェルサーチ・マカオ)」について、2017年のオープンを目指し数ヶ月内に着工することを発表した。
 
同ホテルはアジアで初めての「Palazzo Versace」になり、ファッションハウスが手掛けるマカオで唯一の5ツ星ラグジュアリーホテルになるという。
 
「Palazzo Versace Macau」は、SJMがマカオに建築中のカジノリゾート内に位置する20階建てビルの中に270部屋を設け、総面積は34,000平方メートルを予定。開発や運営はSJMが行うが、全ゲストルームと共有エリアのデザインやアメニティといった全体のアートディレクションは「VERSACE」が手掛ける。

 

 

パリジャンのモール、テナント85%決まる―マカオ・コタイ地区の新リゾート Parisian Macau

マカオ新聞 産業・経済 10/10 07:56
 

サンズチャイナグループが2015年末の開業を目指してマカオのコタイ地区で開発を進めている新リゾート、パリジャン(巴黎人)に併設されるショッピングモールについて、すでに85%のテナントが決定済みということがわかった。
 

10月9日付地元有力紙「澳門日報」が報じた。パリジャンはパリのエッフェル塔を模したリゾート施設で、ショッピングモール部分の広さは29,729平米、テナント数は約150店舗という規模。また、パリジャンのホテル客室数は3,000室以上を予定している。
 
先日ジョン・ガリアーノがクリエイティブ・ディレクターに就任したメゾン マルタン マルジェラによる新コンセプトのコスメショップ、テンプテーションが1,858平米の店舗を出店することも決まっているという。

 

ラスベガスにあるカジノホテル「パリホテル」のエッフェル塔です。
ラスベガスのパリホテルはもともとはヒルトンホテルグループが開発していた。

“The Paris Hotel” and Eiffel Tower in Las Vegas Nevada – Video by Vegas Bob 10-9-2010
4:28
ROBERT SWETZ

 

 

MGMコタイはアートで勝負―パンジー・ホー会長

マカオ新聞 産業・経済 10/29 08:27
 

10月28日、MGMチャイナ会長、シュンタックグループ常務のパンジー・ホー氏がメディアの取材に応じ、マカオ・コタイ地区で開発を進めている複合リゾート施設 MGMコタイについて語った。
 

ホー氏によると、MGMコタイの区画は競合他社と比較して大きくないことから、建物の大きさで勝負することはできないとのこと。限られたスペースの中で、MGMらしい気品をさらに高め、革新的で芸術的素養を深める体験ができる施設づくりを目指したいとの意向を示した。
 
同社はこれまでカルチャー、アートを重視し、ノンゲーミング分野の拡充に重点を置いてきたとしている。

現在、博物館、ギャラリー、アーティストなどとの協力を模索しているという。ただし、芸術品を買い集めて展示するのではなく、オリジナル作品にこだわりたいとのこと。
 

MGMコタイ

K&A Models – Architectural Model – MGM Cotai Macau Press Launch Model Showcase
1:20
提供者 KAModels
2013/03/03 に公開

 

 

マカオの富豪がロールス・ロイス30台発注、史上最大規模
マカオ新聞 産業・経済 09/18 10:01
 

マカオで豪華カジノリゾートホテル「ルイ13世ホテル」の開発を行う、ルイ13世ホールディングス社は9月17日、同社の共同会長でマカオの富豪として知られるステファン・フン(洪永時)氏が前日英国のロールスロイス本社を訪れ、ホテルの送迎車用にロールス・ロイスのファントム(ロングバージョン)30台の予約購入契約を行ったと発表。
 

ルイ13世ホテルはコタイ地区の最もコロアン島寄りの場所で建設が進められており、開業予定は2016年上期を予定している。ロールス・ロイス送迎車をひとつの目玉にしたい意向で、ホテル内にロールスロイス専用道路や駐車場を設ける計画。

 

 

豪華4つ星ホテル竣工 マカオフィッシャーマンズワーフ

マカオ新聞 産業・経済 11/16 10:03
 

マカオでカジノ付きテーマパークやホテルを運営するレジャー大手、マカオレジェンドディベロップメント(勵駿創建)は11月15日、傘下のマカオフィッシャーマンズワーフ内で建設工事を進めてきた新ホテル、ハーバービューホテル(勵庭海景酒店)がこのほど竣工したと発表した。
 

発表の内容などを総合すると、同ホテルは、18世紀の東欧チェコ・プラハをテーマにしており、客室数は444室、ホテルクラスは4つ星という。政府の認可を待ち、今年第4四半期中にも正式開業となる見通し。
 

マカオレジェンドディベロップメント社が政府に申請するゲーミング(カジノ)テーブル数は500台以内になるとのこと。

最低掛け金がVIPより低いが一般のマスゲーミングフロア(平場)より高額となるハイエンドマス型の会員制エリアにしたいとのこと。

この会員制エリアは直営とし、仲介業者を入れない意向。また、機械式カジノのフラミンゴ・スロット・クラブについては、新たにライブ中継型ゲーミングテーブルを2台設置し、サッカーくじなどの投票ができる窓口なども誘致する予定という。

 

 

ベッカム氏、マカオ・コタイ地区のモール開幕式に登場

マカオ新聞 産業・経済 11/09 10:15
 

サッカー元イングランド代表のデビッド・ベッカム氏が11月8日にマカオを訪れ、コタイ地区の複合リゾート施設、ザ・プラザ内にリニューアルオープンしたラグジュアリーショッピングモール「ショップス・アット・フォーシーズンズ(四季名店)」の開幕イベントに出演した。
 
ベッカム氏とザ・プラザの親会社にあたる米ラスベガスサンズグループは昨年(2013年)11月、アジア事業におけるパートナーシップ契約を締結しており、グループ傘下のマカオ及びシンガポールの複合リゾートに関する広報活動や、現地の社会福祉活動を共同で推進している。
 

モールには世界各地のハイエンドブランドを中心に140店舗が入居する。ラスベガスサンズグループのシルヴェスター副総裁によると、リニューアル時点でのショップス・アット・フォーシーズンズの売上高は1平方フィートあたり5500米ドル(約63万円)=1平米あたり5万9180米ドル(約678万円)となり、世界最高の営業成績を誇るショッピングモールだと胸を張る。
 

開幕式で挨拶を行ったベッカム氏は、ショップス・アット・フォーシーズンズについて、世界で最も成功しているラグジュアリーショッピングモールをぜひ一度訪れてみてほしいとPR。また、マカオについては、マカオ人はフレンドリーで、食事も美味しいものばかり、街の変化も早いので、毎度のマカオ訪問が楽しみだと語った。

 

 

 

去る11月13日-16日に開催された2014年第61回マカオGP。

 

MacauGP マカオグランプリ (澳門格蘭披治大賽車) とはどんなカーレース?

 

毎年11月中旬の木曜から日曜まで開催される、一大イベント『マカオGP』 Macau Grand Prixは、マカオ半島のカジノホテル地区で繰り広げられる、市街地公道レースです。2014年、第61回マカオグランプリは、去る11月13日-16日に開催されました。
 
 

マカオグランプリ、その歴史は、草レースとして開催されていた1954年にさかのぼります。マカオGPは70年代に本格化し、そして遂には、カジノ王スタンレー・ホ―氏の働きもあって、1983年からフォーミュラ3(F3)が走ることに。
 
 

この第一回のF3マカオGPの優勝者は、あの伝説のアイルトン・セナであり、その素晴らしい果敢な走りっぷりは、F2を飛ばして即F1にという、「二階級特進」の昇格をもたらしました。 

F3マカオGPがF1への登竜門だと、1983年の初回から、アイルトン・セナは、F3マカオGPをしっかりと価値づけしてくれました。その功績が讃えられ、「マカオグランプリ博物館」ではセナのマシンが現在でも大切に展示されています。
 
 

1990年F3マカオGPには、ミカ・ハッキネンとミハエル・シューマッハが伝説的なバトルを展開し、シューマッハが優勝。翌年2人はF1デビューし、運命的なライバル関係で、ワールドチャンピオンをかけて争うことに。
 
また、90年代のF3マカオGPの表彰台には、サロ、アーバイン、クルサード、ラルフ・シューマッハ、トゥルーリ、ビルヌーブ、ヒルなど、後のF1ドライバーがたくさん登りました。
 
日本人としては、2001年に日本人初のイギリスF3チャンピオンを獲得した佐藤琢磨選手が、この年のF3マカオGPのチェッカーフラッグを受けています。翌2002年に琢磨選手はF1で走ります。
 
 

何事も伝説はセナから始まる。セナが最初に作ったF1への道は、後のF1ドライバー達にも強烈な影響を与え、F3マカオ・ギアサーキットという、世界でも屈指といわれる難関市街地公道レースで、リスボアコーナーやメルコヘアピンで多重クラッシュその他を恐れずに果敢に攻め、命を賭けて若手が激しく戦い、彼らはF1へのチャンスを掴んでいったのです。

 
 

マカオGPはモーターサイクル(スーパーバイク)もレースします。2005年からは世界ツーリングカー選手権WTCCの最終戦となりました。

年年、世界でマカオGPはその存在感を増し、外国からやってくる観客も増加しています。
 

今年のマカオGPの様子を、社会面・産業・経済でレポートしたニュースがありました。
 

==================================
 

第61回マカオGP閉幕 観客動員数8万人 小売業への波及効果も
 
マカオ新聞
産業・経済11/17 07:26

 

『11月13日から4日間にわたって開催された、マカオにとって年に一度のモータースポーツの祭典「サンシティグループ第61回マカオグランプリ」が16日夕方、無事閉幕した。マカオグランプリ委員会によると、4日間の観客動員数は約8万人で、60周年の記念大会で2週6日間の変則日程となった昨年との比較はできないが、同日程で開催された一昨年と比較して11.1%増となっている。

 

16日午後3時半から行われたメインレース「サンシティグループF3マカオグランプリ」には日本人レーサー3名が出場。最高位は山下健太(トムス)の9位、高星明誠(B-MAXレーシング)は18位、金丸悠(カーリン)はスタート直後のクラッシュでリタイアとなった。優勝はスウェーデンのフェリックス・ロゼンクビスト(ミュッケ)、同レース31年ぶりの女性レーサーとして参戦したタチアナ・カルデロン(ミュッケ)は13位。

 

地元メディアの報道によると、マカオグランプリ開催期間中、中国本土とマカオを結ぶ主要出入境施設、關閘ボーダーゲートの混雑が目立ち、通関に要する時間はマカオ側だけで最大1時間以上になった模様。

また、關閘ボーダーゲートのタクシー乗り場、カジノ行きシャトルバス乗り場でも長蛇の行列が続いたという。

 

マカオ半島の観光名所、聖ポール天主堂前に近い土産物店では、客足は普段の週末の2、3割増で、1人で800パタカ(日本円換算:約1万2000円)以上購入する客も多かったとのこと。

市内中心部のアパレル店では、客層は地元マカオと中国本土が半々、ダウンジャケットとスニーカーの売れ行きが好調で、客単価は約2000パタカ(約2万9000円)だったという。
 

マカオタワー前の西灣湖広場で開催中のマカオフードフェスティバルについても、売上は昨年を上回っているという。小売関係者は、街全体がグランプリの華やかなムードに包まれたこともあってか、財布の紐が緩いようだと語る。
 
 

一方で、マカオグランプリは市街地レースとなることから、期間中は市内各所で交通規制が敷かれ、マカオの路線バスの半数以上で迂回運転やルートの短縮などが実施されるなど、市民生活には大きな支障も出た。

毎年の恒例行事で、マカオ市民は不便に慣れているともいえるが、人口増、観光客の増が続いている中、今年の混雑は特にひどかったとの声も聞かれた。』

 
==================================

 
マカオGPの公式HPには、2014年第61回マカオGPの写真やビデオの映像があります。

 
澳門格蘭披治大賽車 公式HP Video Archive 2014 Formula3 Macau Grand Prix Photo Archive 2014 Formula3 Macau Grand Prix