日本のプチ富裕層とサラリーマンはマカオカジノで、予算(賭け資金)どれくらいで遊べるか。

 

マカオカジノでは、昨年(2014年)の夏までに、一般客エリアのゲームテーブルの最低賭け金額が高騰し、マカオのテーブルゲーム、バカラは、もはや日本の普通のサラリーマンが遊ぶには、つらくなった、という感がありますが、はたして実際はどうなのか、マカオカジノで遊べる予算(賭け資金)の観点から、確認しておきたいと思います。
 
 
中規模のカジノではミニマムベットの極端な高騰は起こっていない、のでサラリーマンの方は、これまでと同様に、遊べます。
 

バカラ台を見てみますと、確かに最低賭け金、ミニマムベットは、多くの台が1000香港ドルから2000香港ドルの地帯に移行し、500香港ドルの台は消えつつあります。
 
しかし、こうした高騰の現象は、ベネチアンのような複合カジノリゾートの大規模カジノに言えることで、リスボアといった中規模のカジノではこのミニマムベットの高騰はそれほど起こっていなくて、バカラ500香港ドルの台は多くあり、バカラ300香港ドルの台もまだ残っています。
 
日本のサラリーマンの方は、これまでと同様に、リスボアのような老舗しにせタイプのカジノで遊んでおられます。
 
 

日本の普通のサラリーマンの方が、大規模カジノで、低資金で遊んでみよう、
という場合
 

ベネチアンのような大規模カジノで、低資金で遊んでみようという場合は、ディーラーのテーブルをライブ中継し、多人数が賭けに参加する電子カジノマシン(ライブ中継マルチゲームシステム)では、ディーラーのテーブルで直接に賭ける場合の、およそ1/10の最低賭け金で、ゲームに参加できます。
 
大規模カジノでは、もちろんビデオスロットやビデオポーカーで、低資金で遊べます。
 
また、ルーレットでは、賭ける場所によっては最低賭け金は低額ですので、ルーレットは低資金でも遊べます。しかしながら、低資金でOKと言っても、ルーレットやビデオスロットはハウス側の取り分であるハウスエッジが高い方なので、資金が減ってゆく減り方のスピードは速いので、注意が必要です。
 
 

日本のプチ富裕層とサラリーマンはマカオカジノで、予算(賭け資金)はどれくらい必要か、その資金ではどのカジノで遊べるのか。
 
最近は、日本のサラリーマンの方でも、マカオカジノに、100万円から200万円の資金を用意して来られる場合が多多あるようです。この資金額だと大規模リゾートカジノで遊ぶことができます。そればかりか、そこのVIPルームで遊べる可能性があります。
 
それでは、こうした、どれくらいの予算(賭け資金)では、どういったカジノで遊べる、かを見てみましょう。
 

用意すべき賭け資金とは、カジノで必ず負ける法則、への対策なのです。
 
カジノではゲームをすることでハウスエッジ(配当におけるハウス側の取り分)が自動的に手元資金を減らしていきますので、確率1/2のゲームで平均的に勝ったり負けたりしながら、それでも自動的に資金を減らしていきながら、その上にひどく連敗でもすると、結局は、次の勝つ流れが来る前に、資金切れになって、オシマイになることが多く、この負け方=負ける法則、への対策として、勝つ流れが来る前に資金切れしないための充分な用意すべき賭け資金ということを意味します。
 

これは、あくまでハウスエッジ約1%であるバカラやブラックジャックのゲームを主として行う場合に言えることですが。
 
資金切れしないための充分な賭け資金は一般的には、次のように算出します。
 
平均ベットの50倍から100倍、つまり、
平均ベット×50~平均ベット×100
 

勝ったり負けたりや、連敗している時は、ひたすら最低賭け金でベットし、連勝モードが来たらベット額を何倍かに増やす、というやりかたでは、平均ベット額は最低賭け金額より高いものになっています。それが平均ベット=1ユニットです。
 
50倍から100倍とは、この数字は、ゲーム数(ベット回数)を意味しています。連勝して手元資金が最高額になったいわば山頂から、連敗して手元資金が最少額になったいわば谷底までを一サイクル片道(振り幅)とすれば、この一サイクル片道が何ゲームなされているか、という意味です。山頂から谷底までは、短い時の場合長い時の場合があってゲーム数も平均的ゲーム数ということになります。充分な賭け資金は、平均ベットの50倍以上という計算式になります。イメージとして、山頂谷底山頂を一サイクル往復とした場合は、充分な賭け資金は、平均ベットの100倍までという計算式になります。
 
交流電流の二次曲線の波型波形のようなサイクルです。正弦波ではなく。その意味で一サイクルとは、だいたいのイメージを意味します。
これは、ゲームと賭ける自分とが関係するとき発生する、バイオリズムです。
 

一サイクルが平均何ゲームとなっているのだろう、とはその人のバイオリズムが大いにかかわっています。自分のばあい、一サイクルが平均何ゲームなのかは、50ゲームから100ゲームといわれているなかで何ゲームなのかは、千回を超える数多くのゲーム数をこなすことで、体感的に把握するしかありません。(幸いにも、わたしたちには、無料で、そして1USドルからのベットで、これを体感的に把握する数稽古ができる、オンラインカジノがあります。)
 
ということで、平均ベットの50倍から100倍、を次の連勝モードがやってくるまでに資金切れしないための、充分な賭け資金としています。
 
 

複合型カジノリゾートなどの大規模カジノに必要な賭け資金は、2000香港ドル×50~2000香港ドル×100、としました。
 
約150万円~300万円。これが、ベネチアン、グランド・リスボアなどで遊べる、モデル的カジノ資金です。
 
 
リスボアや金龍(Golden Dragon)など中規模のカジノで遊べる、モデル的カジノ資金は、500香港ドル×50~500香港ドル×100、としました。
 
約38万円~75万円。
 
 

以上のことを、『日本のプチ富裕層とサラリーマンが、マカオの、どのカジノで、どれくらいの資金で、遊べるのか』と題して、次のような表にしてみました。
 

カジノ資金と遊べるカジノその1
 
カジノ資金と遊べるカジノその2

 
なお、リスボアにはVIPエリアで遊ぶことができる、1万香港ドル(現在のレートで15万円ほど)の新規限定プログラムがあります。
 
マカオでは一番低額で参加できるVIPローリングプログラムのようです。
コンプサービスは、資金両替のホールドと、無料食事券と、専用車送迎となっているようです。
 
これは、とにかくVIPとはどんなものか、一度遊んでみなはれ、というものでしょうが、負けないないための充分な賭け資金としては、15万円では不足でしょうから、やはり約38万円~75万円のレベルは用意するべきでしょう。
 
 

=================
 

さて、カジノには、必ず負ける法則というのがあって、資金不足はその最たるものです。これを乗り越えるために、必要な資金額を算出するには、ゲームの絶頂とどん底までの「振り幅」が「平均何ゲームとなっている」のだろうかを把握しておく必要があるわけです。これを体感的に把握するために、わたしたちには、無料プレイで、そして1USドルからのベットで、充分な数稽古と検証ができる、オンラインカジノがあります。
 
ページの最後のここで、そのオンラインカジノのなかでも最も信頼のおけるカジノをご紹介しておこうと思います。

 
 

☆心置きなく数稽古ができるオンラインカジノ;
 
>> 32レッド・カジノ 新規登録はこちらから

 

>> ワイルドジャングル・カジノ 新規登録はこちらから

 
 

32レッド
32Red casino ポータルサイト

 
32レッドは2005年9月に、ロンドン株式市場で初めてオンラインカジノ企業として上場を果たしたオンラインカジノです。
 
海外でプレイヤーから最も信頼されているプレイヤー用の支援サイトCasinomeisterより2003年から毎年「最高のオンラインカジノ大賞」を受賞しています。
2010年度にこれまでの業績を称えて、「今10年間最高のオンラインカジノ賞(Best Casino of the Decade)」を受賞しました。
 
日本語対応:ソフトウェア日本語、サポート日本語
サポート対応時間: 年中無休
ソフトウェア: microgaming
500種類以上の豊富なゲーム ★★★★★
実際のディーラーと対戦できる「ライブゲーム」も充実 ★★★★★
 

32レッド・カジノの新規登録はこちらから
  ↓   ↓   ↓
 
2003年から8年以上もオンラインカジノにおける様々な賞を受賞し続ける『オンラインカジノの王様』

 
 

ワイルドジャングルカジノ
Wild Jungle Casino ポータルサイト

 
ワイルドジャングルカジノは、日本市場に特化した優良オンラインカジノです。
 
大手カジノゲームメーカーのプレイテック社のゲームソフトウェアを使用し、画質がキレイで使いやすいゲームが特徴です。
X-Menやハルクなどの有名アメリカンコミックキャラのスロットゲームや、ライブ映像で配信される実際のディーラーと対戦できる「ライブゲーム」も充実しています。
 
ワイルドジャングル・カジノは、カスタマーサポート賞受賞の日本語サポートチーム「Z support」による、24時間完全日本語サポートカジノです。
日本人ならではのキメ細やかな サポートで、オンラインカジノが初めての方でも、安心して遊ぶことができます。
 
日本語対応:ソフトウェア日本語、24時間日本語サポート!
サポート対応時間: 24時間
ソフトウェア: PlayTech
運営開始: 2007年11月19日
 
ジャックポット率が高い ★★★★★
キメ細やかなサポート体制 ★★★★★
ディーラーと対戦できる「ライブゲーム」も充実 ★★★★★
 

ワイルドジャングル・カジノの新規登録はこちらから
  ↓   ↓   ↓
 
美人ディーラーと対決!楽しく稼げるオンラインカジノ

 
 

 

マカオのカジノ、ミニマムベット(最低賭け金)の平均、3万円超え。

 

以前の記事で、『マカオカジノでは現在、主流ゲームのバカラの一般客のテーブル(平台)では、ミニマムベット1000HKD(約13500円)~2000HKDのテーブルが主流です』と書いていましたが、
 
このことを裏付ける調査報告が出ました。
 
マカオのカジノ業界の、カジノテーブルの最低掛け金額(ミニマムベット)を調査した、カジノ業界コンサルティング投資会社CLSAによる、報告書が公開されました。
これを記事にしたmacaubusinessdaily.comより、冒頭を転載。
 
 

=====================
(転載はじめ)
 
Sky-high minimum bets under scrutiny
精密な調査によるとマカオのミニマムベットは天井にある

 
João Santos Filipe | 28/10/2014
Sky-high minimum bets under scrutiny
 

We read it a lot. Macau revenues are seven times bigger than Las Vegas. But where do we stand in terms of minimum bet? Industry-watcher CLSA says Macau’s entry fee is ‘astronomical’.
 
The amount of Macau’s minimum bets has reached a value that is 10 times greater than in Las Vegas or Australia, according to a report by CLSA. However, the good news for players is that the value is likely to remain stable for the foreseeable future.
‘Minimum bets have now reached an astronomical level (US$270), more than 10 times higher than those in Las Vegas and Australia’, the report says. ‘Trees do not grow to the sky and going forward it should be very difficult to increase minimum bet further’.
According to the CLSA document, while the minimum bet in Las Vegas and Australia is as much as US$20 (HK$155) in Macau it is US$270 (HK$2,094) which accounts for a difference of close to HK$2,000.

 

我々はこのことをたくさん読んだ。「マカオの収益は、ラスベガスの7倍大きい」。しかし、ここで我々は最小ベットの観点に立っていますか?

業界ウォッチャーCLSAは、マカオのカジノ参加料が「天井」であると言います。

 

マカオのカジノテーブルの最小ベット額は、CLSAの報告によると、ラスベガスやオーストラリアに比べて10倍以上大きい値に達している。

しかし、プレーヤーのための良いニュースは、予見可能な将来値が安定したままの可能性があるということである。

ラスベガス、オーストラリアに比べて10倍以上高い「最小ベット」は今、天井レベル「270米国ドル」に達しており、 「木が空に成長し、それがさらに最小賭けを増やすことは非常に困難であり、今後はありません」と報告書は述べている。

 

CLSAの文書によると、ラスベガスとオーストラリアの最低ベットは同じくらいで、20US$(155HK$)、これがマカオでは、桁が違う、2000HKドルレベルの、270US$(2094HKドル)となっている。
 

(転載おわり)
=====================
 
 
マカオの最低賭け金(ミニマムベット)の平均は、2000香港ドル(270米国ドル、約3万円)、だということです。
 
VIP客向けではない「一般の」ゲーミングテーブルでの平均ミニマムベットの実態報告です。平均が270米国ドルで、ギャラクシーマカオに至っては320米国ドルにも上るといいます。

世界各国の平均ミニマムベットは、米ラスベガスで20米国ドル(約2,200円)、オーストラリアで20米国ドル、韓国で20米国ドル、シンガポールで50米国ドル(約5,500円)。
 
 

ここで問題なのは、ミニマムベットの上昇が意味しているのは、マカオでは500香港ドル(約7,000円)未満のミニマムベットのカジノテーブルが消えているという事実です。
 
 
CLSAの調査リポートによると、「2013年の5月にはカジノテーブルの約10%がプレーヤーに500香港ドル未満のベッティング(賭け)を認めていた。しかし、2014年4月以降、500香港ドル未満のベッティングを認めるテーブルはなくなった」、としています。
 

もう一つの大きな変化は、「非常に速いペースで1,000香港ドル未満のベッティングを受け入れるカジノテーブルの数が減少している」こと。
 
「2013年の5月には、1,000香港ドル超のミニマムベットのカジノテーブルは約57%であった。しかし、今年2014年8月には、1,000香港ドル未満のミニマムベットのカジノテーブルは僅か13%で、マカオのカジノテーブルの約87%が 1,000香港ドル以上のミニマムベットとなっている。」

 
 
 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 
関連記事
 

『カジノ資金は、今のマカオの相場では、いくら用意すべき?』

 
これは、初めてマカオにカジノしに行こうというひとには、一番知っておいて欲しい最新情報、マカオの新常識です。

 

記事の一部紹介
 
「2014年の夏、マカオカジノでは現在、主流ゲームのバカラの一般客のテーブル(平台)では、ミニマムベット1000HKD(約13500円)~2000HKDのテーブルが主流です。

1勝負で数万円から十数万円に相当するチップを、平均的賭け金額ゾーンとして賭けている状況です。」
 

 

 

カジノ資金は、今のマカオの相場では、いくら用意すべき?

 
カジノ資金はいくら必要? という問題。これは,初めてのマカオカジノ旅行に行こうかな、というプチ富裕層にとっても、一番知っておくべき、マカオカジノの必須というべき最新情報になるでしょう。
カジノ資金はいくら必要? これは、刻刻と上昇し、マカオの新常識になってゆきます。
 

ゲームたった数分で資金終了、というのでは、「何なのコレ」です。そもそも、どれくらい資金があれば、マカオカジノで、そこそこ満足して遊べるのでしょうか。
ここで、マカオカジノ旅行というのを、それを思い立たせる条件としての資金の面から、資産や所得の面から、定義しておきましょう。

まったく違うふうに、それぞれ皆さんが考えていると、いけないので。
 

言うまでもなく競馬やパチンコをしに行くわけではありません。カジノは、それなりの資金的余裕のあるひとが行くところ、と言うべきでしょう。

カジノは、所得がそれなりに高くそれが持続しえるひと、すでに社会的ステータスがある、端的に言えば、富裕層が行く、娯楽場、なのです。いわゆる富裕層の社交場と言われる由縁です。
(あたりまえのことを言っていますが)
 

それが現実です。
 
中国の経済拡大を背景に、ぶっちぎりで世界で最も勢いのあるマカオカジノでは、特にそのことが言えます。

 
 

2014年の夏、マカオカジノでは現在、主流ゲームのバカラの一般客(平場)のテーブルでは、ミニマムベット1000HKD(約13500円)~2000HKDのテーブルが主流です。

1勝負で数万円から十数万円に相当するチップを、平均的賭け金額ゾーンとして賭けている状況です。

 

賭け金額が、かなり、高騰しています。

 

なので、それなりの資金がいります。(テーブルに設定してある最低賭け金=ミニマムベットが、どうインフレになっているか、最近のデータは、別のページで述べる予定です。)

 

そして平場で、1勝負で十数万円相当を負けても、まったく平気で勝負を続けます。
それができる、資金的背景を持っていらっしゃる、ことになります。
 

ハイローラー(高額賭け金でプレイするひと)、常連客が、入室できるVIPルームでは、日本人の想像できない超高額の賭け金で、ゲームがされていることでしょう。

初めてのマカオカジノでも、資金20万香港ドル(270万円程)をカウンターで預金しますと、VIPルームに招待される可能性があります。

 

一般客に話を戻します。マカオで必要とされるカジノ資金とは、マカオカジノ・・・これも外国資本が運営する複合リゾート型カジノで特に言えることですが、

ミニマムベット1000HKD(約13500円)~2000HKDのテーブルで1勝負数万円に相当する賭け金を賭けつづけ、たとえ10連敗しても平然として、流れが自分のほうにくるまで賭けゲームを続けられる、資金能力である、と定義できることになります。

 

富裕層でも、資産を退蔵しがちな、資金循環の血流を良くすることをしたがらない、資産5億円以上の『日本の富裕層』は、いまのところ、表だってカジノはいたしません。中国の富裕層は、距離的にも東京からマカオへの距離よりも遠い地方であっても中国本土からやってきては、ガンガン、マカオでカジノをいたします。

 

ですから、日本では、金融資産1億円~5億円、納税後年収1000万円以上、とされる、しかも金融マーケットのグローバルマクロの資金循環における、「仕掛け」といった世界の動向にも、理解や関心がある、あの『プチ富裕層』なる活力に満ちた富裕層が、日本人としての主要客層となるのが、マカオカジノなのです。
 

もちろん、観光が主体で、カジノは雰囲気を楽しめて、ちょっと数ゲームを体験できればいい、という純然たる観光客にとっては、こうしたカジノ資金の問題はありません。
 

必要なカジノ資金額を吊上げていっても、マカオカジノの客も経営者も、ともに涼しげです。

 

さて、そのマカオカジノのすさまじい右肩上がりぶり。

マカオ・カジノの総収入(粗利益)の推移です。

・2006年:566億パタカ(5622億円)
・2007年:830億パタカ(8244億円)
・2008年:1087億パタカ(1兆801億円)
・2009年:1193億パタカ(1兆1853億円)
・2010年:1883億パタカ(1兆8702億円)
・2011年:2679億パタカ(2兆6000億円
以上は、http://allabout.co.jp/gm/gc/389941/より

・2012年:約3兆5000億円)
・2013年:約4兆5000億円)
 
国別では、2013年カジノ総収入、アメリカ6.6兆円(ラスベガス0.64兆円)、マカオ4.5兆円、シンガポール0.6兆円。韓国 0.27兆円
カジノといえば、いまやラスべガスではなく2006年からすでに、マカオなのです。

 
 

ラスべガスのカジノ資本である、アデルソン氏率いるサンズが、2004年、マカオに外資として最初にカジノ&ホテル、サンズ・マカオを開業しました。

すると6ケ月後にはその開業資金融資を完済できる利益を出し、つづいて2007年にはマカオカジノの歴史を変えてしまうベネチアン・マカオを開業しました。

ところが折からのサブプライム危機・リーマンショック金融危機で本国のサンズの株価が、150ドル近くの高値から1ドルになってしまいました。しかしそれもベネチアン・マカオのすさまじい業績によって、サンズ本体の株価を回復させ、さらにはシンガポールにマリーナ・ベイ・サンズを登場させ、マカオには、サンズ・コタイセントラルをオープン、という勢いとなっています。

 
マカオは、どうしてこうなるの。

 
そばに来て見なければ見えないものもある。いったいどんな、「巧妙な戦略」や「細かい気づき」が隠されているのでしょう。

 
 

次のページは、

『マカオカジノ旅行は、ツアー計画作り、で始まる。』です。

満足できる旅行プランができあがるには、それなりの合理性が必要です。