マカオのホテルを選ぶための、マカオのホテル&カジノの歴史

 

マカオのカジノ&ホテルには、いわゆる、リスボア系とラスベガス系があって、それぞれ微妙にわずかながら異なった流儀、スタイルを持っている、と言われています。

伝統のマカオスタイルと、米国などの世界規準スタイル。

それらは、どこがどう違うのか、は個々の部分で違いがあっても、全体として言える明確なものではないし、また世界規準がどのようなものであり、優れているとも言えないわけですが、どうもそのような何とも言えない流儀の差異があるらしいのです。

こういったことをちらっと頭のなかに入れながら、マカオのホテル&カジノの歴史を見てみるのも、いいかも知れません。

 

インテリアの趣味、スタイルや、カジノゲームのルールのわずかな違いは、見た目にすぐわかることですが。一方で、流儀の差異もなくなってしまうのかも、ということもあります。

世界規準の外国資本のマカオのカジノも、客層は大部分が中国人であり、中国のカジノゲーム「大小」と中国人がこればかりをする「バカラ」が、世界規準のカジノの流儀も、飲み込んでやがて消化してしまうのかもしれません。

 
 

マカオのホテル&カジノの立地は、二つの島に分かれます。世界遺産があるマカオ半島側と、タイパ地区とコタイ地区とコロアン地区で出来たタイパ島側です。

タイパとコロアンは、それぞれかって島であったのですが、このふたつの島のあいだを埋め立てて、ひとつの島にしてしまいました。埋め立ててできたところがコタイ地区です。

 

このコタイ地区に、複合リゾート型の、ベネチアン・マカオTHE VENETIAN MACAOが、2007年8月に開業し、それから次々と、同様の複合リゾート型の施設が加わっていくわけです。

2007年8月、ベネチアン・マカオ THE VENETIAN MACAO のゾーン

2009年6月、シティーオブドリームズ City of Dreams のゾーン、
2011年5月、ギャラクシー・マカオ Galaxy Macau Resort のゾーン、、
2012年4月、シェラトン、コンラッド、ホリデイインの3つのホテルが並ぶサンズ・コタイ・セントラル Sands Cotai Central のゾーン

が、建設され、オープンしました。まったく計画的です。このコタイの複合リゾート計画はまだまだ拡大中です。

 

干拓で新しくできた土地には、初めから充分に、集客規模と集客のための魅力を計算され構想されたものが、可能でした。

お父さん独りがカジノに行く、でなく女性もカジノする、さらに子供も(カジノ以外)一緒に行く、ファミリーレジャーランドとしての巨大複合リゾート型のホテル&カジノです。
このコタイ地区の複合リゾート型のゾーンが、近年のマカオのすさまじい観光客集客とすさまじいマカオカジノの売上げ収入の拡大を、おおきく担っています。

 

一方、世界遺産があるマカオ半島側のホテル&カジノのゾーンは、古くからの市街地のなかにある歴史的なカジノ&ホテル地区として、また2002年のカジノ運営権の国際入札で進出した外国資本による新興カジノ&ホテル地区として、それらが隣接して、存在しています。
 

 

マカオのカジノの歴史は古く、公式カジノとしては1847年ポルトガル政府によるカジノ承認に始まります。

そして1961年からは、マカオのカジノ王と言われるスタンレー・ホー氏がカジノ経営権を独占していました。この時期にカジノにホテルを組み合わせ、港湾を整備し香港とのフェリーを就航させ、観光客をカジノに集客する現在のスタイルを作りました。

スタンレー・ホー氏が経営するリスボアを起点にマカオフェリーターミナルとのあいだにある友誼大馬路の北側周辺にあるのが、スタンレー・ホー氏を歴史的ボスとして発展してきた伝統的なカジノ&ホテル街です。

沢木耕太郎氏の大ロングセラーとなっている1970年代の体験を綴った旅行記『深夜特急』は、当時、リスボアでカジノをしたことを書いています。

 
 

そして1999年マカオが中国に返還され、マカオ特別行政地区政府は、スタンレー・ホー氏の独占を終わらせカジノ運営権を国際入札にする決定を下しました。

2002年の入札の結果、スタンレー・ホー氏のSJM、米国資本のウィンWynn、MGM、香港資本のギャラクシーGalaxyが経営権を獲得しました。そしてラスベガス・サンズSansと、香港オーストラリア資本のメルコクラウンMelco Crownも、遅れて獲得しました。

 

Wynn、MGM、Sans、Galaxy系は、リスボアのある友誼大馬路の北側周辺のカジノ&ホテル街よりも南側の元干拓地にカジノ&ホテルをオープン。

それは外国資本にとっては、次の展開のための助走時期というものでした。

 

上記のように、サンズSansがコタイ地区で、ベネチアン、そして後に、サンズ・コタイ・セントラルを展開し、
ベネチアンの東側には、アーストラリア香港資本メルコクラウンによるシティーオブドリームズが、
ベネチアンの西側には、香港資本によるギャラクシー・リゾートが進出しました。

 

マカオ半島の地元資本のしにせ、リスボアといえば、バージョンアップした、マカオのランドマークとなる、蓮の花をモチーフとした、巨大なグランド・リスボアを、リスボアのすぐ横に建て、ベネチアンと同じ2007年に開業しました。

 
 

そして、スタンレー・ホー氏のSJMは、リスボア、グランド・リスボア以外にも複数のカジノ&ホテルを経営し、外国資本のこれだけの攻勢にもかかわらず今もなお、マカオのカジノ総売り上げに占めるシェアは、依然として、No.1だということです。
 

意外でしたか?
 

スタンレー・ホー氏には、外国資本にはない、何か、伝統のマカオスタイルは、何か秘訣があるのでしょうか。

スタンレー・ホー氏についている常連客は、歴史が育てた、濃厚な、ひとたちなのでしょうか?

 

 

次の記事は、いよいよマカオのホテル&カジノの紹介です。

まずは、⇒ 『ザ ベネチアン マカオ リゾート の紹介』 、です。

 

 

ホテル選びのポイント。行きたい場所(世界遺産など)との位置関係で考える。

 

ワクワクするマカオカジノ旅行のプラン作りで、いちばんワクワクしてしまうのは、ホテル選びなのかも知れないですね。

そして旅行プランでいちばん重要なのが、このホテル選びといえるでしょう。どんなホテルに滞在したかによって、旅の印象が完全に違ったものになるからです。

 

●行きたい場所から見て、ホテルがどこに位置しているのか、ロケーションが重要。
 

ホテル選びを、どこのカジノ施設で遊ぼうか、との関連で、考えてゆきます。
宿泊するホテルに併設してあるカジノ以外でも、距離的に近いカジノで遊んでみることができるからです。

また、ホテル選びを、行ってみたい場所(世界文化遺産など)、との位置関係で考えてゆきます。
というのも、世界文化遺産見学などでも、マカオは石畳の坂道が多く、足が疲れる土地柄です。神戸や長崎のようにアップダウンの地形です。

つまり、ホテルがどこに位置しているのかのロケーションと、地形、移動手段、交通が、重要になります。

 

●行きたい観光ポイントとホテルのロケーションそして移動手段。
 

そこでは、ホテルからは、歩いて移動するのか、公共の交通手段(タクシー、ホテルの無料シャトルバス、路線バス)で移動するのか、ということが意味をもちます。

 

●マカオの移動手段は、タクシーが小回りがきくし、料金はとても安く、便利です。
 

タクシー :  マカオのタクシーは、黒か黄色のボディカラーが認可タクシーです。
手を挙げて街中で拾うことも、電話で呼ぶ(黄色タクシーが来ます)こともできます。
 

1600mまでの初乗り運賃は15マカオパタカで、230mごとに1.5パタカが加算。
 

追加料金として、トランクに荷物を入れるとき一個3パタカ、遠方のコロアン地区にいくときは出発地によって2~5パタカが追加されます。
 

タクシーの中では、運転手と乗客の間のコミュニケーション用に、中国語・ポルトガル語・英語で記されたマカオの主要観光スポットガイドが配布されている場合がありますが、

運転手さんは日本語と英語が理解できないのが一般的なので、自前で広東語で書かれた行き先のメモ帳を作るなどするか、

または、観光ガイド地図を、日本の旅行業者や、マカオのフェリーターミナルの横、マカオのセナド広場の噴水横のビジネスツーリズムセンター、などの観光案内所で入手し、
 

ガイドマップの行き先を指差して、運転手さんに理解してもらえるように、まえもって準備しておくのが、確実なやり方です。
 

(セナド広場の噴水横のビジネスツーリズムセンターの観光案内所では、日本語オーディオ付・観光ガイド 預り金200MOP(パタカ)で3日間無料レンタルできます。)

 

しかし、タクシーは万能ではなく、週末、マカオの観光地はひとでごったがえし、ホテルのタクシー乗り場は行列ができ、タクシーはすぐ来てくれない、道路ではほとんどタクシーを簡単には拾えなくなります。シャトルバスも積み残しができてしまう場合もあります。こうした盲点もホテル選びのポイントになりえます。

 
※更新情報 (2015年1月13日):
2014年12月18日午前0時から、マカオのタクシーの料金は、
初乗り料金(1.6キロメートル)が17パタカ(255円)に。
(値上げ前は、15パタカ 225円)※1パタカ15円勘算
加算料金が260メートル毎に2パタカ(30円)に、引き上げられました。。
(値上げ前は、230メートル毎に1.5パタカ)
停車時の加算料金も、1分毎に1.5パタカから、2パタカに、引き上げられました。

 
 
●ホテルの無料シャトルバス:  乗車下車の場所が限られる、原則乗車券はいらないけれど、ホテルをチェックアウトし帰りのときにはホテル発行の整理券がいる場合がある、というホテルの無料シャトルバスも、決められた乗車下車の場所間の移動には便利です。
 

無料シャトルバスは、フェリーターミナルや空港などとホテルを繋ぐ路線だけでなく、複数のホテル間を繋ぐ路線も作っています。
 

たとえば、マカオ半島のフェリーターミナル近くにあるサンズ・マカオSands macauのシャトルバスは、タイパ地区を通ってコタイ地区のSands系列ベネチアン・マカオへ行きます。そしてベネチアン・マカオのシャトルバスはギャラクシーマカオとシティーオブドリームスを巡回しサンズ・マカオへも行きます。

 

●そして、路線バス :   路線バスはマカオのひとびととひとつの空間を共有するという、体験を提供します。コロアン島の南部へは路線バスが趣があります。
 

バス停などは広東語表記で運転手も広東語です。ですから広東語のバス停名などを理解できる必要があります。
 

路線バスの運賃は、バス前方部から乗って前払いします。ほとんどのひとが、プリペイドカードを使っていて、もし現金でちゃりんと払う場合は、マカオ半島内 3.2パタカ、タイパ内 2.8パタカなどとなっていて、また釣銭も無いので、1パタカのコインを何個も用意し、3.2パタカなら4パタカ支払う、というやり方がクールです。

 

タクシー、無料シャトルバス、路線バス、そして徒歩が、マカオらしいマカオの個性的な移動手段です。
ホテルがどこに位置して、どこどこに行きたい、移動手段としてのタクシー、無料シャトルバス、路線バス、そして徒歩、この三つの要素が結びつくことによって、マカオの旅行者としての行動が目に浮かぶようになるわけですね。

 

macau3-map1
Districts of Macau by Wikitravel 

 

●マカオ半島、タイパ、コタイ地区は、それそれ、その中心街のホテルに宿泊すれば、その地区の見どころは、ほぼ徒歩で回れる距離にあります。

 

そして、歩いて移動しようとは思わない、マカオ半島とタイパ島に懸かった大橋。
 

マカオ半島側とタイパ島側は、三本の長い橋で結ばれています。あちら側に行くには、これらの橋を渡るしかないです。(まんなかの橋は歩いて渡れますが。)

 

短期の滞在では、心理的には、アプローチを入れて3000m~4000m級のこの大橋をシャトルバスやタクシーで簡単に移動できるとはいえ、渡る回数を、できるだけ最小限に抑えたい、ということになります。
 

それで一応の結論として、たとえば、「数日にわたって」世界遺産を丹念に見て回りたい場合は、何度も大橋を渡ることをしなくて済む、リスボア周辺のホテルに泊まるのがよいでしょう。

 

大橋の向こう側のカジノも、「いちど」、遊んでおきたい、という場合は。ベネチアン周辺とリスボア周辺というそれぞれの中心地のあいだは、タクシーで安価に(1000円以内)移動できます。ので、初めてのカジノのためのマカオ旅行なら、コタイ地区の豪華複合リゾートに宿泊して、「いちど」、海岸の向こう側のグランド・リスボアなどのカジノを体験するのも、歴史地区を巡るのもいいでしょう。

 

通称マカオモノレール:

マカオ半島側とマカオ国際空港のあるタイパ島を結ぶ、2010年に採用された三菱重工の全自動無人運転のゴムタイヤ式車両システム(レールがないのでモノレールとは言わない)が、2016年の開通予定になっています。

 

その他、ホテル選びのポイント

ホテル選びの際にチェックするポイントに、インターネット接続環境というのがあります。接続の有無、接続料金は無料か有料か、無線LAN、WiFi接続の有無、といったことになります。マカオは高級ホテルといっても必ずしも「ネット接続無料」にしているわけではなく、インターネット接続環境は、ホテル間に、大きな差があります。それで「インターネット接続環境」は必ずチェックしておきたいポイントですね。

 

ところで、ホテルの位置がどうの、交通手段がどうのといって、ホテル選びに制限をかけていましたが、実のところ、それらはどうでもいいことになる、横車的、破壊的方法があります。

レンタカーです。

しかし、わたしは、この移動手段をおすすめしません。

 

 

次の記事は、ホテルを選ぶために、マカオのホテル&カジノのたどった歴史というのも、実は参考になるものです、ということで少しそのことを書きました。
 

『マカオのホテルを選ぶための、マカオのホテル&カジノの歴史』 です。

マカオのカジノ&ホテルには、いわゆる、リスボア系とラスベガス系があって、それぞれ微妙にわずかながら異なった流儀、スタイルを持っている、と言われています。