マカオホテル&カジノリゾートは、体験型ラグジュアリーブランドの理想的な聖地。

 

エルメスやルイヴィトンなどの、伝統と歴史をもつ世界の高級嗜好品ブランドは、現代では、こぞって「体験型ラグジュアリー」ブランドに移行しています。
 
そして、ホテル&カジノリゾートというものは、現代の宮中晩餐会であり、万博華やかな時代のパリ万博の再現であり、カジノは電子時代のコロセウムというべきなのか、という体験型機能を持っています。
 
言うなれば、マカオホテル&カジノリゾートは体験型ラグジュアリーブランドの理想的な聖地、なのです。
 
 

代表的なラグジュアリーブランドの企業グループ、LVMH (ルイヴィトン、モエ、ヘネシ―、ディオールなどを擁する)の企業プロモーションビデオ。
 

LVMH Corporate Movie / Film Institutionnel
5:13
Dorian Do
2008/07/27 にアップロード
 
 

■体験型ラグジュアリーに移行するブランドたち。
 
旅行、芸術、グルメ、そしてホテル事業、への進出
 

鞄、靴、服飾、化粧品、宝飾に始まる世界の高級嗜好品ブランドの世界では、かってはブランドの製品そのものが、権威であり、選ばれたエリート層のためのステータスを表す物とされてきました。しかし、近年は、その製品とそれを身につける人との関係が変化してしまったのです。
 
ブランド品は、権威としてのブランド品ではもはや陳腐化していて、プライベートとしてある人間にとっての「ブランド品とのより本質的関係」(それはどのように気持ちいいのか、ブランドは何を考えているのか、それはエコなのか、など)が求められるようになってきました。
 
「物」を売るのではなく「事(体験、ライフスタイル)」として売る、というふうに、ブランド業界は大きな変革に置かれています。。
 

贅沢という価値に人々が求めるものが、このように「モノ(商品)」から「コト(体験、ライフスタイル)」に移り変わっているなか、高級嗜好品ブランドは、新たにラグジュアリーブランドと呼称され、そしてラグジュアリーブランドは、ボーダーレスに、旅行や、芸術、レストランなどグルメ、スパ、などといった「体験型ラグジュアリー」へ拡張し、これへの参入を加速させています。
 
ラグジュアリーブランドは単に製品を販売するだけに留まらず、顧客がブランドの世界観に触れることで与えられる「体験とライフスタイルのデザイン」に商品が持つ領域を拡張しています。
 
そうして、この変革の帰結として、ラグジュアリーブランドで近年目につくのは、ホテル事業、ハウス、邸宅マンションへの参入です。
 
 

ここで、旅行や、芸術、レストランなどグルメ、スパ、ホテルといったキーワードは、それらがそのまま、かの複合型カジノリゾートを形成している内容と一致している、ことにお気づきでしょう。
 

■マカオカジノリゾートと体験型ラグジュアリーブランドの必然的な関係
 

マカオのカジノリゾートには、必ず高級ブランドの大規模ショップ街が存在します。
カジノリゾートと高級ブランド=体験型ラグジュアリーブランドは、互いを必要とする必然的な関係にあるのです。
 
高級ブランドの大規模ショップ街は、リゾート内の旅行や、芸術、レストランなどグルメ、スパ、ホテルのカテゴリーと有機的に繋がりあっています。
 
それらは、最終的に、カジノ客にク―ポンや無料コンプサービスを提供することで、カジノ客をそれらの施設に還流させ、また、カジノ客の勝敗を超えた顧客満足度を保証します。
 
 

そして、高級ブランドは、ショップ街を飛び出して、ホテルやレストラン、コンベンションホールやレセプションホールや中庭やプールサイドで、さまざまなイベントを行います。「体験型ラグジュアリー」として顧客に、ブランドの世界観に触れることで与えられる「デザインされた体験」をそこで、体験してもらうことで、ブランドと顧客が、一段とパーソナルな個人の中に親密な関係を作り出します。
 

このサイトの 「MGM MACAUの紹介」のページでビデオ映像を見ていただくと お分かりのように、
 
カジノ&ホテルリゾートは、現代の宮中晩餐会であり、万博華やかな時代のパリ万博の再現であり、カジノは電子時代のコロセウムというべきなのか、という体験型機能を持っています。
 
言うなれば、

マカオホテル&カジノリゾートは体験型ラグジュアリーブランドの理想的な聖地、なのです。
 
 

ラグジュアリーブランドがリゾートの各カテゴリー施設で「体験型ラグジュアリー」の世界を展開するだけでなく、リゾートの旗艦施設であるホテル自体が、体験型ラグジュアリーブランドとして、いよいよ、マカオに登場します。
 

ラグジュアリーブランドのホテルは、ブランドの世界観を体験する理想のショーウィンドーであり、ブランドを身につけてそれが何であるかを体験してみる最高のステージ、といえます。
 
 

■コタイの「リスボア・パレス」に、「パラッツォ・ヴェルサーチ」がアジア初進出。
 

ヴェルサーチは2000年にオーストラリアのゴールドコーストにホテル「パラッツォ・ヴェルサーチ」を開業。
 
ヴェルサーチとリッツ・カールトンのパートナーシップによる5つ星ホテル「パラッツォ・ヴェルサーチ」がアジア初進出となる、マカオコタイの新しい複合リゾート「リスボア・パレス」内に、2017年にオープン予定。同ブランドのホテルとしてはオーストラリアのゴールド・コースト、ドバイに次ぐ3店舗目となります。
 

オーストラリアのゴールド・コーストの「パラッツォ・ヴェルサーチ」
 

PALAZZO VERSACE- Gold Coast
2:18
Anthony Lowe
2012/04/20 に公開
 
ドバイの「パラッツォ・ヴェルサーチ」も、ゴールド・コーストのそれも、デザインはほぼ同じ仕様なので、「リスボア・パレス」内に出来るヴェルサーチのパラッツォは、このビデオのような出来あがりとなるでしょう。

 

 

 

コメントを残す