マカオのカジノ、ミニマムベット(最低賭け金)の平均、3万円超え。

 

以前の記事で、『マカオカジノでは現在、主流ゲームのバカラの一般客のテーブル(平台)では、ミニマムベット1000HKD(約13500円)~2000HKDのテーブルが主流です』と書いていましたが、
 
このことを裏付ける調査報告が出ました。
 
マカオのカジノ業界の、カジノテーブルの最低掛け金額(ミニマムベット)を調査した、カジノ業界コンサルティング投資会社CLSAによる、報告書が公開されました。
これを記事にしたmacaubusinessdaily.comより、冒頭を転載。
 
 

=====================
(転載はじめ)
 
Sky-high minimum bets under scrutiny
精密な調査によるとマカオのミニマムベットは天井にある

 
João Santos Filipe | 28/10/2014
Sky-high minimum bets under scrutiny
 

We read it a lot. Macau revenues are seven times bigger than Las Vegas. But where do we stand in terms of minimum bet? Industry-watcher CLSA says Macau’s entry fee is ‘astronomical’.
 
The amount of Macau’s minimum bets has reached a value that is 10 times greater than in Las Vegas or Australia, according to a report by CLSA. However, the good news for players is that the value is likely to remain stable for the foreseeable future.
‘Minimum bets have now reached an astronomical level (US$270), more than 10 times higher than those in Las Vegas and Australia’, the report says. ‘Trees do not grow to the sky and going forward it should be very difficult to increase minimum bet further’.
According to the CLSA document, while the minimum bet in Las Vegas and Australia is as much as US$20 (HK$155) in Macau it is US$270 (HK$2,094) which accounts for a difference of close to HK$2,000.

 

我々はこのことをたくさん読んだ。「マカオの収益は、ラスベガスの7倍大きい」。しかし、ここで我々は最小ベットの観点に立っていますか?

業界ウォッチャーCLSAは、マカオのカジノ参加料が「天井」であると言います。

 

マカオのカジノテーブルの最小ベット額は、CLSAの報告によると、ラスベガスやオーストラリアに比べて10倍以上大きい値に達している。

しかし、プレーヤーのための良いニュースは、予見可能な将来値が安定したままの可能性があるということである。

ラスベガス、オーストラリアに比べて10倍以上高い「最小ベット」は今、天井レベル「270米国ドル」に達しており、 「木が空に成長し、それがさらに最小賭けを増やすことは非常に困難であり、今後はありません」と報告書は述べている。

 

CLSAの文書によると、ラスベガスとオーストラリアの最低ベットは同じくらいで、20US$(155HK$)、これがマカオでは、桁が違う、2000HKドルレベルの、270US$(2094HKドル)となっている。
 

(転載おわり)
=====================
 
 
マカオの最低賭け金(ミニマムベット)の平均は、2000香港ドル(270米国ドル、約3万円)、だということです。
 
VIP客向けではない「一般の」ゲーミングテーブルでの平均ミニマムベットの実態報告です。平均が270米国ドルで、ギャラクシーマカオに至っては320米国ドルにも上るといいます。

世界各国の平均ミニマムベットは、米ラスベガスで20米国ドル(約2,200円)、オーストラリアで20米国ドル、韓国で20米国ドル、シンガポールで50米国ドル(約5,500円)。
 
 

ここで問題なのは、ミニマムベットの上昇が意味しているのは、マカオでは500香港ドル(約7,000円)未満のミニマムベットのカジノテーブルが消えているという事実です。
 
 
CLSAの調査リポートによると、「2013年の5月にはカジノテーブルの約10%がプレーヤーに500香港ドル未満のベッティング(賭け)を認めていた。しかし、2014年4月以降、500香港ドル未満のベッティングを認めるテーブルはなくなった」、としています。
 

もう一つの大きな変化は、「非常に速いペースで1,000香港ドル未満のベッティングを受け入れるカジノテーブルの数が減少している」こと。
 
「2013年の5月には、1,000香港ドル超のミニマムベットのカジノテーブルは約57%であった。しかし、今年2014年8月には、1,000香港ドル未満のミニマムベットのカジノテーブルは僅か13%で、マカオのカジノテーブルの約87%が 1,000香港ドル以上のミニマムベットとなっている。」

 
 
 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 
関連記事
 

『カジノ資金は、今のマカオの相場では、いくら用意すべき?』

 
これは、初めてマカオにカジノしに行こうというひとには、一番知っておいて欲しい最新情報、マカオの新常識です。

 

記事の一部紹介
 
「2014年の夏、マカオカジノでは現在、主流ゲームのバカラの一般客のテーブル(平台)では、ミニマムベット1000HKD(約13500円)~2000HKDのテーブルが主流です。

1勝負で数万円から十数万円に相当するチップを、平均的賭け金額ゾーンとして賭けている状況です。」
 

 

 

コメントを残す